カラー パーマ ダメージ シャンプー

カラー・パーマのダメージ修復するならこのシャンプー!

 

美容室でカラーリングやパーマの施術を受けた際には髪に大きなダメージを受けることがよく知られていますが、
どのような原因で髪を傷める事になるのでしょうか。

 

まずカラーリングの施術では主にブリーチ・ヘアカラー・ヘアマニキュア・一時着色剤などの種類に分かれるのですが、
このうちヘアマニキュアと一時着色剤は単に髪の表面に色素を固着するだけになりますので髪への負担は余りありません。

 

この2種類は髪への負担が少ない一方で、
あくまでその場限りの着色になりますので色落ちは非常に早く、
しっかりと着色したい方の場合はあまり利用しない着色方法になります。

 

一方でブリーチやヘアカラーの場合は脱色をする事になりますので髪への影響は大きくなりがちで、
施術を受けた後に髪は元より頭皮も荒れるケースは少なくはありません。

 

また一方でパーマの場合は髪に化学薬品を触れさせることで人工的に縮れ毛にするものになり、
パーマ剤の多くは医薬部外品になりますので人体に対する影響も大きくなります。

 

よく美容師の中には手が荒れている方が多く見受けられるのですが、
これはパーマ剤などの影響によるもので、
ご自身の毛髪や頭皮に受ける悪影響も避けることはできません。

 

またウエーブをつける以外にも髪をストレートにするストパーなどの種類もあるのですが、
こちらの施術でも髪に還元剤や酸化剤を塗布することになりますので、
髪への悪影響が心配されることになります。

 

美容室でこうした施術を受けることは多くあるのですが、
せっかく綺麗にしようにも荒れていたのでは意味が無く、
ダメージ修復するためにはどのようなシャンプーを選択すればよいのでしょうか。

 

ポイントとなるのはアミノ酸系を選ぶことで、
髪のダメージ修復を考えた時に低刺激であることは欠かせない要素であり、
特にラフィーシャンプーは髪に必要な栄養素やうるおい成分なども豊富に含まれていますので、
髪のダメージ修復を目的に購入するときにはまさに最適のシャンプーになります。

 

 

 

 

髪質を柔らかくするシャンプーをレビューしているサイトさん | ウーマシャンプーを体験した結果はこちら